11/9(金) 「固まってしまう子」

カテゴリー:ブログ

0,1,2歳児の中には、発表会本番になると、いつもと違うあまりの観衆の多さやただならぬ雰囲気を感知するのか、「固まってしまう子」も少なくありません。ステージ上で初めから終わりまでじっとしたままという子も何度か見てきました。いつもの練習時には、流れる音楽に反応し、結構身体をゆり動かし、自分なりの表現をするのですが。本番の環境の違いに驚いているのかもしれません。まだ、幼い子たちです。仕方のないことかもしれません。これまで、「固まってしまっていた」子が、一つ年を重ねたら、見違えるほど自分を思い切り表現できるようになるケースも、もちろんあります。さて、今年の佐井っ子は、どんな自己パフォーマンスを見せてくれるでしょうか。楽しみですね。(17時45分配信)

※明日、アルサス「ヘルスアップイン佐井村」で保育所のブース(お口の健康)もあります。ぜひお越しください。

いい表情で歌っていました

みんなでリズムに合わせ合奏練習

慎重にたたいています

「こっち見てえ。」の注文に応えて、このポーズ

お揃いで、9時のおやつ

撮ろうと思ったら、とことこ近づいてきました

 

11/8(木)「どっこいしょ」と大根掘り

カテゴリー:ブログ

今日は、畑の大根掘り。畑の大根が、「早く掘ってください。」と言わんばかりに土から首を出しています。8月下旬に植え付け。それには、子どもたちは加担しませんでしたが、収穫の喜びを味わってもらおうと、掘る作業を体験してもらいました。大喜びでした。さすがに、年長さんは、次から次へと掘り起こします。ところが、2・3歳児にはこの作業も大仕事です。“大きなカブ”のお話のように「うんとこしょ・どっこいしょ・・・」と懸命に引っ張り上げていました。先生の手伝いも必要でした。掘り上げられた大根は、結構よい出来栄えでした。玄関前に並べられた大根は児童一人一本持ち帰り用です。ぜひご賞味下さい。(15時59分配信)

 

 

 

 

 

 

 

 

11/7(水)ステージで練習、互いに見合いっこ

カテゴリー:ブログ

今日はステージ上で各クラス発表会の練習を披露し、お互いに見合う場面がありました。所用で時間がないので、今日はその一部を画像だけで。(17時17分配信)

可愛い、ほんとにかわいい子たちです。

指先からつま先までビシッと決まっています!

お互いの発表に、じっくり見入っていました。

マイクを手に自己紹介を知るうさぎ組さん

11/6(火)口を大きく開け、元気いっぱいの歌声

カテゴリー:ブログ

元気の良い歌声が事務室まで響いてきました。行ってみると、ぞうくまさんでした。「ハイ、一人ひとり声が出ていて、とても良かったですねー。」歌い終わった子どもたちに、愛里先生から、最上級の評価(ほめ言葉)が投げかけられていました。その時、ちょうどお邪魔しました。「所長先生が来たから、素晴らしかった今の歌をもう一度所長先生にも聞かせてあげてください。」ほめられた子どもたちは、嬉しかったらしく、やる気満々でした。目の前で、再度歌ってくれました。口を大きく開け、本当に、楽しそうに、元気な歌声で、心に響くものでした。撮影したら、実に表情も良く、あの時の感動が伝わってきそうです。たのもしい、年長さん!発表会も楽しみです。(13時34分配信)

一人ひとり口が良く開けられていますね。

身振りも加え、楽しそうでした。

元気があふれています!

全身で歌っている感じでした。

11/5(月) 2・3歳児「回して、ぴょん、回して、ぴょん」&外遊び

カテゴリー:ブログ

●「見てて、見てて。」とせがまれ、3歳児女児と2歳児の女児の縄跳びに少しお付き合い。「少しできたんだから。」と言わんばかりに、目の前で3歳児は挑戦。3歳児ぐらいだと、まだどうしても縄を回すタイミングと、それに合わせて跳躍するタイミングが取れないのが普通です。二つのタイミングが呼応して、同時にできるようになるのは練習が必要です。でも二人は同時ではありませんが、「回して、ぴょん、回して、ぴょんと一瞬回った縄は停止するものの、少しリズミカルにできます。そのように連続してできたことが嬉しくて『見てて、見てて。」になったのでしょう。1回旋1跳躍ができるようになるのも、そう遠くなさそうです。

〇穏やかな秋の日。秋の日差しを浴びて、久しぶりの戸外遊び。気持ちよさそうでした。(配信12時44分)

縄跳び遊びがブームの二人

この山づくりが好きなんです

こちらも協力してお山づくり

この着後、4人でレースを展開していました。

月別

カテゴリー

このページの先頭へ
社会福祉法人吉幸会ホームページへ