7/17(火) 西日本豪雨と保育所

カテゴリー:ブログ

西日本豪雨では、早急の復興をと連日ボランティアが繰り出し猛暑の中、復旧作業に取り組んでいることが報道されています。やはり被災した地域にある保育所は、児童の受け入れを中止している所も出てきているようです。代わりに、近隣の施設で子どもを受け入れるなどの対応がとられているようです。再開のめども立っていないようです。義援金ぐらいしか、支援ができませんが、平常の保育所生活に早く戻ってほしいとただただ願うばかりです。今日は、一日曇り空。青空が恋しいです。室内保育中心です。

こひよこのおやつ時間。ヨーグルトでした。

顔つきも大人っぽくなってきましたねえ。

何かに興味を持っているときの子どもたちの表情は、見るものを引きつけます。

やって見たらなかなかの釣れない、釣りゲーム。集中力と根気の勝負でした。

 

 

 

7/13(金) はっけよい、残った!相撲で遊ぶ

カテゴリー:ブログ

遊戯室では、相撲マットを敷き相撲が展開されていました。互いに勝ったり、負けたりの熱戦です。ぞうくまさんは百戦錬磨で、力を出し切って、体をぶつけあう相撲の楽しさを十分味わっているように見えました。全力を出し切って押したり、投げたり、踏ん張ったりして、汗をかき、熱気で上気した顔に笑みがこぼれてきます。2,3歳児も挑戦していましたが、まだ取っ組み合いに不慣れです。力の出し加減がコツが習得できていないようでした。中には、遠慮しいしい、一歩的に押されあっけなく勝敗が決してしまう場面もありました。これも経験の積み重ねですね。(10時45分配信)

7/12(木) わらべうた「なべなべ、底抜け」

カテゴリー:ブログ

昔ながら伝えられてきた「わらべうた」も現代の子どもたちに伝えていきたい文化の一つです。「かごめかごめ」「はないちもんめ」はよく見かけましたが、午睡後ひよこ・うさぎ組さんで踊っていた、「なべなべ底抜け」は自分の知らないものでした。二人ペアで手をつなぎ、向き合う体勢から、180℃回転し、背中合わせになるのが嬉しいらしく、きゃっきゃっ喜びながら取り組んでいました。中にはつないだ腕ががよじれてしまう(笑)ペアもいました。(17時35分配信)

7/11(水) 「佐井っ子の虫歯ゼロをめざして」

カテゴリー:ブログ

「佐井っ子の虫歯ゼロをめざして」佐井村歯科センターのサポートを頂き、年4回虫歯予防教室を開催していますが、今日はその1回目を実施しました。今回のねらいは、「どうして虫歯になってしまうのか。」「虫歯の予防」「正しい歯ブラシの使い方」という3点でした。甘いものを食べても歯磨きをしないむーくんを主人公にした紙芝居を上映後、三色食品群の意識付け、染め出しによる磨き残しや正しい歯ブラシの使い方等々虫歯予防のための基礎知識を学ぶ貴重な時間となりました。感心したのは子どもたちの集中度。4・5歳児はもちろんですが、2・3歳児も長い時間よくお話を聞いていました。特に、後半歯磨きの実習は年長さんだけなのですが、歯科衛生士さんの説明を、一緒になって落ち着いて聞いていて、「すごいぞ。」と感心させられました問いかけに対する反応も上々の子たちでした。(15時23分配信)

表情豊かに聞いていますね。

食品群をアンパンマンキャラクターで意識付け

夏美先生の紙芝居に引き込まれて

みんなしっかり聞いています

「赤いところはばい菌が・・」と模型を使ってわかりやすく

後ろの2・3歳児もやりたそうです

歯ブラシの正しい使い方を教わっています

川島先生はじめ歯科センター職員の皆様、ありがとうございました。

7/10(火) ポポラス原っぱで遊ぶ

カテゴリー:ブログ

晴れ間の午前、2歳以上児は、久しぶりの外出へ。外が大好きな子どもたちですから、行く前からウキウキ気分がみんなから伝わってきます。お天気こそ曇天でしたが、風もなく、寒くもなくちょうどよい感じでした。ポポラスでは、草がボーボーと伸びていましたが、それがまた自然との触れ合いを深める体験ができるようで、大喜びでした。子どもたちは喜々として鬼ごっこをしたり、滑り台に乗ったり、蝶を追いかけたり花を摘んだり・・・。帰って来てから、「どうだった?」と聞くと、5歳児も2歳児からも「楽しかったアー」と言葉が返ってきました。(16時31分配信)

鬼ごっこ?追いかけごっご?嬉しそうに駆け回りました。

初めは、山村広場へ。戻ってきてポポラスへ合流。その途中で。

個々での遊びから集団的な遊びへも移行しつつあります

何やら集まって遊びの相談かな?

これは鬼ごっこです

花摘むひだかくん

しばらく、ダンゴムシか何か、興味を示していた3人

月別

カテゴリー

このページの先頭へ
社会福祉法人吉幸会ホームページへ